2015年04月12日

玉山区カウントダウン353日 「一般国道4号渋民バイパス全線開通!」 まだ残っている事業がありますヨ!


 今日、4月12日(日)、一般国道4号渋民バイパス(5.6q)の全線開通式がありました。
渋民バイパスは昭和61年(1986年)事業着手以来、本日全線開通まで実に28年の時間を要しました。
 渋民バイパスは、渋民地区の朝夕の交通混雑解消と歩道のない通学路で、子どもたちの交通事故等危険防止のために計画されたものでしたが、今では高齢者の交通事故・危険防止のためにもなるものです。
それだけ長い時間がかかったのです。一般に10カ年計画ということは良く聞きますが、28年は長いです。
 この計画には石川啄木記念館の裏に当たる部分に「道の駅」を作り、啄木記念館へ通じる道路も造る計画であったように思いますが、影も形も見えません。私の記憶違いでしょうか?
また、バイパス南口には信号機がありますが、北口にはありません。
新たな危険個所にならなければ良いが、心配です。 北口に信号機の設置が必要です。
事故が起きてからの対策ではなく、引き続き整備を進めていただきたいものです。
 このバイパスには3本の橋梁ができ、地元の小学生から「啄木橋」(渋民小学校)、「ふるさと橋」(好摩小学校)、「姫神橋」(巻堀小学校)と命名されました。 
 結びに、このバイパスには多くの地権者の皆さんのご協力がありました。改めて感謝申し上げます。
posted by かずお at 17:32| Comment(0) | 日記

2015年04月07日

玉山区カウントダウン358日 真実(本当のこと)を教える教科書を!


 文部科学省は昨日6日、来年(2016年)4月から使用する中学校教科書の検定結果を発表しました。
今回の中学教科書検定は、安倍首相の意向に沿って、昨年、「文部科学省が検定基準を改定」したもとで初めて行われたものです。これは子どもたちに真実を教えない悪い「教科書の国家統制」そのものです。
 昨年改定された社会科の検定基準は
  @ 未確定な時事問題で特定の事柄を強調しない。
  A 近現代史で通説的な見解がない数字などの事項については、通説的見解がないことを明示する。
  B 政府の統一見解や最高裁判決がある場合はそれらを踏まえ記述にする。・・・・・の3点です。
その結果、日本の侵略による南京大虐殺や強制連行、日本軍の「慰安婦」問題、関東大震災のときの虐殺された朝鮮人の人数など、上記の3基準で書き直しがされました。
領土問題では、歴史経過も正しく教えることが将来の国際人を育てるために必要です。
 教科書は、時の政府に都合のいいものにするのではなく、子どもたちが基本的な知識を学び、幅広い視点から考えを深められるものにすべきものです。
 教科書は発行社によりいろいろ特長がありますが、どれを選ぶかは各教育委員会で夏までに決定されます。
父母はもとより、子どもたちや若い人たちのために「じいちゃん・ばあちゃん」の語り伝えが大切です。

 さて、今日は「好摩小学校」の入学式。 ピカピカの1年生に会ってきます。
posted by かずお at 07:33| Comment(0) | 日記