2017年12月13日

2017年12月議会 一般質問への回答(その3)

2017年12月議会一般質問への回答
第4点
渋民字山屋地区の太陽光発電について、事業予定地は民有地であり森林法に基づく林地開発許可が必要で、岩手県で必要な手続きが行われる。
今後問題がないかについては、平成24年の固定価格買取制度の施行以来、全国で太陽光発電事業の開発が急速に進んでおり、周辺環境等へ及ぼす影響が懸念されますが、林地開発許可の手続きの中で適切に指導される。
発電事業者は東京都港区に本社を置く特別目的会社「株式会社玉山メガニッコウ」。
新設される鉄塔(18基)の所有者は、補修・管理も含めて東北電力株式会社である。

第5点
玉山地域の近年の大雨災害による災害復旧状況は、平成25年の台風18号被害は83件で、翌年平成26年度までにすべて復旧が完了している。
平成29年7月・8月の大雨災害及び10月の台風災害は120件で、未実施個所は90件。概算復旧費は166,043千円で、平成29年度及び平成30年度の復旧を予定している。
 因みに、平成29年度12月補正予算に
広域農道法面、水路等復旧工事17か所 45,000千円
市道土砂撤去・舗装補修等業務委託   18,900千円
市道山屋馬場線等市道復旧工事 9か所 40,800千円
農業用施設等被災復旧費用       16,537千円
市道糠森線被災状況調査測量業務委託   8,000千円
道路橋りょう災害復旧事業(市単独)  78,895千円
市営牧野施設等農業用施設等被災復旧費用 5,603千円
農業用施設災害復旧事業        78,563千円
林業施設災害復旧事業          9,820千円
サクラパーク姫神遊歩道被災復旧費用   7、471千円 が計上されています。
posted by かずお at 19:22| Comment(0) | 日記

2017年12月議会 一般質問への回答(その2)

第2点
総合交流ターミナル「ユートランド姫神」の来年4月オープンに向けての労働条件については、改善に努め売り上げが増えているが依然収支均衡に至らず、平成29年度から指定管理料を支出することとした。
4月のリ二アールオープン時には、安定して従業員を継続雇用できる体制になるよう万全を期していく。
ユートランド姫神20周年記念事業については、「たまやま振興株式」と協議して取り組んでいく。

第3点
生出地域の農業用水不足への対応については、湧水を活用する複数の水利組合や養殖事業者があり、全体の調整に至っていない。 改めて関係者と今後の対応を検討する。
また、水利組合が農業用水確保のために行う新たな井戸・ポンプなどの施設整備については、国の制度活用の可能性についても検討していく。
posted by かずお at 06:26| Comment(0) | 日記

2017年12月議会 一般質問への回答 2017年12月議会 一般質問への回答(その1)

2017年12月議会一般質問は12月11日登壇。5点について質問。
 第1点
好摩公民館・市役所巻堀出張所が同居する就業改善センターの大規模改修計画について、計画が進んでいないことから市の認識を確認。
回答は、「就業改善センターに隣接し一体的に利用されていた旧好摩体育館が解体・新築されたことから、これに代わる集会ホールの増設や、高齢者や身体障がい者に配慮したエレベーターの設置、トイレの様式化、冷房の設置などの要望があると承知している。新築による新たな地域拠点施設の整備を望む声もある」との認識を示しました。
また、就業改善センターの耐震診断の結果は、目標値0.6を上回っているが、一部に0.61の結果も出ている。
補助金を返還して新規に計画を作成することは、市の公共施設保有最適化・長寿命化計画で、活用できる既存施設については大規模改修等により長寿命化を図ることとしており、地域や利用者の意向などを確認し、大規模改修による整備に努めたい。
posted by かずお at 05:54| Comment(0) | 日記